ギャラリーで「かいだミュージアム」を開催しました!

こんにちは!さすらいのチイです。

我楽田工房を改装してオープンした「我楽田工房ギャラリー」。
ここは、クリエイターの実績や新たなチャレンジを、ファンとの交流イベントやアート展示などの形にして発表するための空間です。

第二弾の企画として、設立10周年を迎えるカイダ建築設計事務所 一級建築設計事務所の代表である海田修平さんとコラボレーションし、「かいだミュージアム」を開催しました。

今回は、イベントレポートをお届けします!


▼「かいだミュージアム」

建築家以外にも多くの顔を持つ海田さんによる、ミュージアム展。
なぜギャラリーなのにミュージアムと名付けたのでしょうか?

謎解きのために、百聞は一見にしかず。まずはご覧ください。

 

 
それでは早速、ギャラリーの中を時計回りにご紹介していきます。

 

 
まずは、くみぐま(海田モデル)から!
くみぐまの頭上と写真右手にあるのは、それぞれボディにプリントされている図面とその模型。
「建築家が手を動かして作るのは図面と模型だけである。」というコンセプトの元、模型材料を使ったくみぐまです。

 

 
水色の手足には透明な肉球がデザインされていて、建築家のさりげないこだわりを感じさせます。

 

 
くみぐまの右隣には、わくわくするような素材を発見し発信するプロジェクト「海田商店」の商品が置かれていました。
この写真は、杉の木の「耳」と呼ばれるもの。丸太から四角い柱や梁を切り出す際に、余ってしまう部分です。

この他に、碁石の材料となる黒石から碁石を抜いた後の「抜石」や、陶芸で窯焼きする際、焼き物を重ならないよう数段に積むための「さや」など、なかなかお目にかかることのない商品なども!
ふつう価値のないとされるものが実は面白い素材なのでは?何か使い道がないかな?と考えさせられる、ニッチですが目を引くコーナーでした。

 
 

 
正面に展示されていたのは、「カイダ建築設計事務所」10周年記念の作品集。

 

 
これまで手がけた住宅建築を写真パネルにしてお洒落に並べ、元の設計図も見ることができました。
各建築の紹介パネルには、どんな想いでデザインしたかを海田さん本人が解説されていて、実際に見に行ったかのような気分にもなれちゃいます。

 
 
 

 
ところで、ギャラリーの中央に置いてある3つの丸太。
一見無造作にポツンと置いてありますが、以前ミエケンジンカイで美術展を開いた時に使ったものだそうで、虫や湿気の影響が出ないように燻して乾燥させてあるものです。

もちろんこれに座れば、ゆっくりギャラリーを楽しむこともできます。
(ちなみにこのレポートもこの丸太に座りながら書いています……)
(ちなみに丸太ってめちゃ重いので、1人で運ぶと背中痛めます。あなたも気をつけてくださいね……)

 

 
 
右の壁面には、海田さんがデザインした木造建築の大きいパネル写真が。
これは正面に展示されていた住宅建築の写真を拡大したものです。
壁一面の大きな写真になってくると、なんだかトリックアートみたいでした。

 

 

 
 
他にも、三重県出身の建築家ユニット「ミエケンジンカイ」や、神田川の地域のお祭り「アートブロッサム」など、海田さんの関わる地域活動も展示されていました。

 


 
……いかがでしたでしょうか?

今回のギャラリー展では、海田さんのこれまで10年の活動すべてを、ギャラリーという1つの土俵に丸ごと並べてみました。

 

会期中に開催した「ミエケンジンカイバー」では、海田さん自らお酒とご飯を振舞いました

 
人は誰でも、意外といろんな活動をしていて、いろんな側面を持っているものです。知られていないだけで。

海田さんの場合は、建築以外にも、地域活動に取り組んだり、海田商店という新しい取り組みにも挑戦したりしています。
たくさんの活動を一度に伝えることは難しいですが、だからこそ広く空間を使い、何でもある博物館のような展示会を開こうという意味で、ミュージアムと名付けたのです。

こうした個人にスポットを当てる空間を、今後も作っていきたいと思います。

 
ご来場のみなさま、ありがとうございました!

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。