女性アスリートのロールモデルを作る!日テレ・ベレーザ × 女性の活躍推進 をテーマに「我楽田アイディアソン」開催しました

こんにちは!さすらいの広報ディレクター ちいです。

どんな活動をする上でも、必ず出てくる課題。
既存の仕事ではなかなかブレイクスルーできない課題に挑戦するための場として、「我楽田アイディアソン」を始めました。

?アイディアソンとは?
あるテーマについて関心のある参加者を募り、短時間でアイデアを出し合うワークショップ。 名前は、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon) の掛け合わせから。

初回となる今回のコラボ相手は、代表も多く輩出している強豪女子サッカーチーム、日テレ・ベレーザ。
女性の活躍推進をテーマに、選手たちが新しい価値を生み出すには何をすればいいだろう?ということを考えました。

 


 

▼日テレ・ベレーザってどんなチーム?

 

 

まずは東京ヴェルディ株式会社のパートナー営業グループ シニアマネージャー、佐川 諒さんにお越しいただき、日テレ・ベレーザについて説明をいただきました。

特に印象的だったメッセージは、「女性アスリートのロールモデルを作っていきたい」ということ。

なでしこジャパンに多くの選手が選出される女子サッカー界の名門である日テレ・ベレーザは、先日行われたプレナスなでしこリーグカップで7度目の優勝に輝いた強豪です。
運営するのは、東京ヴェルディと同じく、東京ヴェルディ株式会社。

若い人材育成にも力を注ぎ、長きに渡りスポーツ界に貢献していますが、「アスリートのキャリア・生き方」「スポーツの社会貢献」などに課題を抱えています。

具体的には、
・サッカーと仕事の両立
・観客動員数の減少
・中学生以降のプレー人口の減少
・アスリートならではの美しさの発信 など。

女性アスリートのキャリアを持続可能にするため、またスポーツが多くの人に元気を与える存在になるために、どれも考えなくてはならない重要な問題です。

これらの課題と向き合うことが、女性アスリートの生活作りに繋がりそうです。

 

▼今回のテーマは?

 

 

ファシリテーターは我楽田工房の熱血スポーツマン、谷津が務めます。

今回のテーマは「女性の活躍推進が超加速するアイデアを考える!」というもの。
なぜ、このテーマか。

試合に出場したり代表に選出されたり、しっかりプロとして活躍されていても、スポーツのみで稼ぎを回すことのできるアスリートは多くありません。
スポーツと仕事の両立はスポーツ業界の課題です。

女性アスリートを多く抱える日テレ・ベレーザでも、現役中にサッカーと仕事をどう両立するかは課題となっています。
所属アスリートの活躍を推進するためには、チームを強くするための練習時間とアスリートの生活を支える労働時間のバランスが重要なのです。

女性の活躍の場を作る・増やすだけでなく、活躍を後押しするためには何ができるのかを考えたいという意識からこのテーマが生まれました。

 

▼チームでアイデアを考えよう!

 

 

テーマに沿って、何ができるかチームでアイデアを考えます。

アイディアソンのいいところは、同じテーマに関心を持つ参加者が色々な視点を持ち寄ること。
その視点を共有しさらに掛け合わせることで、より幅広い視点からのアイデアが生まれやすくなります。

そこでまず、「女性の活躍推進」について連想すること、必要だと思うことを思いつく限り考え、参加者同士でアイデアを共有しました。
これを繰り返すことで、アイデアが自分だけで考えたものにならず、チームみんなで創り上げたものになるので、より連帯感も生まれます。

 

 

次に具体的なアイデアを、一人ひとり書き起こします。
ここからが頭をハードに使っていくところなので、ちょっとお菓子で糖分補給を挟みつつ、緩やかに進行しました。

 

 

それぞれアイデアを書き上げたら、一度席を立ち、他の方のアイデアを見に回ってもらいます。
気に入ったアイデアには、☆のマークをつけてもらい、共感を集めるアイデアを掘り出します。

参加者の仕事や専門をテーマにかけ合わせたアイデアも多く、見るだけでもワクワクするものばかりでした!

 

▼アイデアで仲間を集めよう!

 

 

多くの☆を集めたアイデアについて、再びグループに分かれさらに話を深めます。

ヴェルディの佐川さんも各チームに混じり、議論の様子を真剣に追っていました。

 

 

最後は、チームで形作ったアイデアをシェアする時間です。

どのチームも話したいことは山ほどあったと思いますが、シェアの時間は1分のみ!
……と言いつつ、白熱した議論そのままにシェアの時間に入ったので、駆け足で説明しても1分じゃとても足りない〜!という状況になっていました。

参加者の皆さん、ヴェルディの佐川さん、お疲れ様でした!

 
このアイディアソンは、始まりの一歩です。

生まれたアイデア自体に価値があるのではなく、アイデアを実現しようという人たちが集まることに価値があります。

アイディアソンで出来ることは、仲間づくりまで。
この場で生まれた熱量を、瞬間で終わらせず、次の行動に繋げていくための展開を作っていきましょう!

 


 

▼次回の「我楽田アイディアソン」

8月30日(木) 19:00-22:00
テーマ:「よしもとスポーツエンタテイメント × 新たなビジネス創出 を考える」

↓詳細はこちら
http://garakuta.tokyo/11981

他にも考えたいお題がある方は、ぜひお声がけください!
「我楽田アイディアソン」で素敵な仲間を見つけましょう。

 


 

我楽田工房は、クリエイターを応援しています。
ものづくりのクリエイターだけでなく、今ここにない社会を創ろうとしている方もクリエイターとして応援しています。

イベント会場となった「我楽田工房ギャラリー」は、クリエイターの活動や新たなチャレンジを、ファンとの交流イベントやアート展示などの形にして発表するための空間です。

何かやってみたい!こんなことがやりたい!という思いのある方は、ぜひ下記よりご連絡ください。

一緒に“楽しい”を作りましょう!

▼我楽田工房のレンタルスペースはこちら
http://garakuta.tokyo/space

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。