【くみぐまコンテストvol.2】大賞発表!コンセプトは、お出かけ?

こんにちは!さすらいの広報ディレクター ちいです。

芸術の秋!
ということで、オリジナルのくみぐまを作る「くみぐまコンテストvol.2」を開催しました。

☆☆☆
くみぐまとは?
手・足・耳など12個のパーツをくみひもを使って組み立てるぬいぐるみ。
パーツを自由に作り、組み替えて遊ぶことができます。
☆☆☆

(組み立てる前のくみぐまは、こんな感じ)

 
今回のエントリーは、26作品。
(前回からちょっと増えました!ご参加ありがとうございます!)

数ある作品の中から、「くみぐま大賞」と、3つの「くみぐま特別賞」を選出しました。

 

▼第2回くみぐま大賞は、これだ!

早速、結果発表に移りましょう!

今回の大賞に輝いた作品は……

ドドド……

ドン!

 
エントリーNo.14番!

 
mayu.さんの作品です。
大賞おめでとうございます!

【作成者】
mayu.
 
【作品説明】
コンセプトはお出かけくみぐま。
お出かけしたいくみぐまが、何とかお荷物にならないように頑張っています。
手はかばんにしがみつけるようになっています。足パーツと交換すれば逆さにぶら下がるアクロバットも可能。足は巾着になっており、印鑑やリップクリームなどお出かけ小物を持ち運んでくれます。
耳の中には10円玉が入っており、緊急時に備えています(頑張れば500円玉もいけるかも…)
尻尾は髪ゴムになっています。ラーメンを食べたいのに髪ゴムを忘れてしまった女子をお助けする気遣いのできるくまです。
鼻にはお出かけ先のおやつ、キャンディを装着!
全体的にお出かけが楽しくなるように水玉柄の布を使いました。それぞれ色や水玉の大きさが違います。どこかのパーツだけ着せ替えて楽しむこともできます。

(ぶら下がることもできちゃいます)

 

【審査員からのコメント】
アイデア満載、機能がいっぱい!
「くみぐま」でやりたかったことを、見事にパーツにしてくれました。
組み替え可能な「しがみつき腕パーツ」は、なんと簡単に取り外し可能。
旅のお供としてリュックサックに取り付けたら、とても可愛いですね。
しかも足の「巾着パーツ」は、おやつを詰めてハイキングに行きたい!
機能性のあるパーツはコンテストでは初めてで、しかも2種類もあるというところが審査員の中でも評価が高かったです。文句なしの大賞となりました。

今回の大賞は、全身にアイデアが満載で、非常にユニークな作品でした。
ちなみにmayu.さんは、前回のコンテスト受賞者でもあります。さらに磨きをかけた作品を作ってくださり、とても嬉しく思います!

 

▼くみぐま特別賞

大賞の他にも、特筆しておきたい作品がありましたので、3つの作品に特別賞を進呈いたします。

「芸術賞」の受賞作品からご紹介します。

 

【作成者】
田中天
 
【作品説明】
みんなからの愛をあつめるくみぐま、その名も「あいぐま」です。
チャームポイントはその愛をあつめる瞳。まつげをパタパタ、たくさんの愛を引きつけ身につけます。
作り方はハートのシールをたくさん貼り付けて、キラキラと愛の溢れる様子を表現しました。

 

 

【審査員からのコメント】
赤いハートのキラキラシールを惜しげもなく全身に貼り付けることで、ポップでアートな「くみぐま」ができあがりました。単純な創作ですが、絶妙な可愛さとなっています。部屋においていたら二度見しそうですね。
目に貼り付けたまつ毛も可愛くポイントが高いです。今後のコンテストでもお手本となりますね。
まさに芸術の秋にピッタリの作品でした。

ぱっちりまつ毛がチャーミングな作品でした。

 
 
お次は「ファミリー賞」の受賞作品!

 

【作成者】
カイ
 
【作品説明】
届いたくみぐまがそのままでも可愛くて勿体なかったので後で元に戻せるようにシールを使ってデコってみました!
これなら息子もお手伝いできる内容だったので協力して作成したフラワーくまちゃんです。

ハワイアンダンスでも踊りそうな、ちょっと陽気な感じのくみぐま。

【審査員からのコメント】
今回、お子さんと一緒に作った「くみぐま」は多かったですが、中でも、全体的な色使いが可愛くて、とくに耳パーツの代わりに取り付けられた鮮やかなお花は目を引きました。
ということで、ファミリー賞とさせていただきました。
シールを使えば何度でも遊べるっていうのがいいですね。

家族で一緒に、というほのぼのさが伝わってくる作品でした。

 
 
最後は「技術賞」の受賞作品!

 

【作成者】
あかぷよ
 
【作品説明】
素材はゼロ号をそのまま使用していますが、自宅にあったものを使って草木染めに挑戦しました。
耳:紅茶
手:たまねぎ
足:柿の葉
尾:ブルーベリー
材料の量などによって、染まりが淡かったものもありますが、優しい色に染まりました。(投稿期限までには染め直しできませんが、もう少し濃く染め直しも簡単です)
自然の色味や季節とのつながりを感じられる作品にしたかったので、草木ならではの色合いに満足しています。

手・足・耳のパーツが染められたくみぐま。

【審査員からのコメント】
染めるというアイデアは以前からありましたが、4種類の草木染めというのは豪華で素敵です。
確かに「くみぐま」はバラバラになるので、パーツごとに染めることができるんです。
しっぽのブルーベリーは、実ではなく葉っぱのほうで染めたのでしょうか?
写真ではわかりにくいですが、淡い色合いもなかなかいい味となっているんじゃないかと思います。

淡い色合いがほどよく素朴で、いい仕上がりになっていますね。

 
ということで、以上、受賞作品のご紹介でした!

 


 
2回目のコンテストも、色とりどりの作品が集まりました。

こうして色々な方が集まり、人と人がつながる仕組みを今後も作って生きたいと思います。

改めて、受賞者の皆さま、おめでとうございます!

 
コンテストvol.1とvol.2の大賞作品は、近日どこかで公開されるかもしれません。
続報をお待ちください。

受賞には至らず今回はご紹介できなかった作品の中にも、まだまだ力作が眠っています。

第1回と同じく、また全作品にコメントつけて、ご紹介したいと思います!

記事は近日公開予定です、お楽しみに。

 
twitterとInstagramでも、一つ一つの作品紹介を行いますので、是非チェックしてみてください!

→twitter
https://twitter.com/KoubouGarakuta

→Instagram
https://www.instagram.com/kumi_guma/

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。