夢を追い続ける人々、自分の夢がまだわからない人々を支援したい!【美大生の、インターン】

はじめまして!今年新しく我楽田工房にインターン生として参加した矢作里乃です。
武蔵野美術大学でアートを学ぶ21歳です。ここでは、私のこれまでの経歴、好きなアーティストさんの紹介、インターン生になってこれから取り組みたいと思う事をだらだらと語っていきたいと思いますので、お付き合いお願いします。

 

挫折続きだった経歴

小さい頃からアーティストになるという夢を追いかけ続けている私は、中学3年生の時に高校、大学と美術系に進もうと決断しました。
高校は大手美術予備校の新宿美術学院で猛練習してなんとか第一志望の都立総合芸術高等学校に合格!やった~受かった~と大喜びしたんですが、問題はそこから先だったんですね~…。受かったてことは私はすごいのでは(`・ω・´)キリッとか自惚れてたんですね(笑)

 
しかし…同級生たちを見ると上手な子ぞろいで伸び悩む私はどんどんと追い抜かされて自信がなくなっていき、次第に授業以外で制作活動をしなくなっちゃたんですね~…。ようやくその状態をまずい!と感じたのは大学受験手前の高校3年生の時。大学受験でまきかえそうと意気込み積極的にデッサンなどを練習したものの…

 
東京芸大 1次試験落ち

私立美大の受験も失敗

ガ━(゚Д゚;)━ン
 

結構長い期間凹みました(泣)描いても描いても周りの子たちと比べて下手くそだし向いてないのかな…とアーティストという夢を諦めようとも思ったんですね~。
だけどもある時、今も活躍しているアーティストさんの展示を観に行ったら、やっぱり自分はアートが好きなんだなって再確認されたんですね。上手い下手関係なく、アートを楽しめることが大事だもんな~って思えるようになったんですね!その後一浪を経て武蔵野美術大学に入学した私は、自分の表現したいものを今も模索中です。

 

(私の作業スペースの一部)

 

尊敬しているアーティストさんたち

私は好きなアーティストさんがいっぱいいるのですが、その中でも特に今、尊敬しているアーティストさんたちがいるのでご紹介したいなーと思ってます。

1人目は南アフリカの女性芸術家、マルレーネデュマスさん!現在評価の高い女性芸術家たちの中に名前を連ねるほど有名な方です!彼女は人種差別、性差別などの社会問題をメインに、ドローイング作品を制作しています。

 


出典:https://lifedesignlove.typepad.com/life-design-love/2009/06/marlene-dumas.html

 

出典:https://www.rektoverso.be/artikel/geweld-beeld

 
報道写真のような迫力がありますねー…。私は実物を2度ほど拝見したことがあるのですが、あまりの迫力に息を飲んだほどです。“南アフリカ”という国に“女性”として生まれたからこそ描けるものなんだと私は思いました。かっこいい…。(´∀`; )

 
二人目がフランスの彫刻家アルマン・フェルナンデスさん!まずは彼の代表作品をみてもらいましょう。


出典:https://www.ideelart.com/magazine/arman-artist-armand-fernandez

車が壁に埋まってる!?
ちなみに、本物の車が利用されています。

そして二つ目の作品


出典:https://www.ideelart.com/magazine/arman-artist-armand-fernandez

え!?ピアノとバイクの合体!?
もちろん本物のバイクとピアノが利用されています。

彼のスケールの大きくて破天荒な作品は、想像力豊かな子供たちも舌を巻くほどですね~。実際私も初めて彼の作品を知った時は舌を巻きました。私は彼の作品から、アートの在り方の広さを知りました。大人になるほど忘れてしまう遊び心をいつまでも持ち続けているって素晴らしいですよね~(*´ω`*)

 

これからの取り組み

晴れてインターン生となった今、なかなか評価を得られずに悩むアーティスト志望の方たちや自分のやりたいことが分からなくなって迷っている方たちに、くみぐまを通じて様々な人々との交流や自分を見つめなおすチャンスを与えられたらと考えています!

 

 
そのためにも、今までのような殻に閉じこもったような生活を捨てて、積極的に様々な人々との交流や活動をできたらと考えております。まだまだ右も左もわからないような奴ですが、どうぞよろしくお願いします!!

ライター

Writer

矢作里乃

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。