新しい時代に必要なスポーツ・スポンサーシップのあり方について考える

※参加申し込みは下記のFacebookイベントページまで
https://www.facebook.com/events/306677900221741/

 


 

野球、サッカー、バスケットなど、プロスポーツは社会において大きな影響力を持っています。
地域社会への影響も大きく、プロスポーツクラブがあることで地域への誇りが高まったり、子供の教育にも繋がります。

みなさんもご存知のように、プロスポーツクラブの運営の大切な柱の一つにスポンサーシップがあります。
企業からのスポンサーシップを多く獲得することでクラブの強化はもちろん、社会への認知拡大にもつながります。

しかし、ここにきて人口減少という日本全体の課題がプロスポーツクラブの運営にも影響を与えてきました。
日本国内においては2008年をピークに人口が減少に転じており今後も減少は続いていきます。
スポーツに関わる人(観る、する、支える)の数も減少しており、今までと同じような運営では成り立たないクラブチームも出てくることが予想されています。

今回は新たな時代を迎える中で、プロスポーツクラブにおけるスポンサーシップのあり方を考える会です。
スポンサーを獲得する側、スポンサーになる側、サポートする側、様々な角度から話ができればと考えています。

興味のある方、お越しください。

 
◆スピーカー
・佐川 諒
東京ヴェルディ株式会社

1987年兵庫県神戸市生まれ。
2009年神戸学院大学卒業後、地元のITベンチャーへ新卒入社予定もリーマンショックの影響を受け、自宅待機の末に75日で経営悪化で退職。その後、IT企業にて技術者派遣やパッケージソフトの営業を経験しながら、パラレルキャリアとしてNPO法人GIFTを設立し、女性対象のサッカー教室や海外でのサッカー大会、大学生向けのキャリアスクールの企画運営などを兼業で行う。

2013年4月より株式会社リクルートキャリアへ転職。中途採用領域のエージェントサービスの法人営業、新卒採用領域の大学営業と学生へのキャリアガイダンスの講師を担当。2015年に全社表彰「vision mission award」を受賞。

2017年にサッカーJリーグ「東京ヴェルディ株式会社」に転職。主にスポンサーセールスを担当。その他、アスリートのキャリアサポート事業や学生向けのスポーツビジネススクールの立ち上げなど。

・谷津 孝啓
ボノ株式会社 取締役

1983年宮城県仙台市生まれ。
大手企業の新規事業プロデュース・企業ブランディングを専門とし、現在はSociety5.0社会の実現に向けて地方行政と大企業との連携に奔走中。2014年に都会在住の大学生と地方で活躍するキーマンを繋ぎ、継続的に大学生が地域に通う「まち冒険」を立ち上げ、3年間で500名の大学生と25の地域が交流する仕組みづくりを行う。自治体と連携した企業誘致2.0やローカル起業支援など、人材育成を中心としたまちづくりに携わる。京都三大学教育教養研究・推進機構の宿泊研修のアドバイザーも務める。

 
◆イベント詳細
【日時】
 2019年6月26日(水) 19:00〜21:30

【プログラム】
 18:45 開場

 19:00 スタート
  ・参加者 自己紹介
  ・現状のスポーツ・スポンサーシップについて
   →東京ヴェルディ佐川さん
  ・会場全体でクロストーク
  「新たな時代に必要なスポーツ・スポンサーシップについて」

 20:30 懇親会
  ・乾杯

 21:30 終了

【場所】
 我楽田工房
 住所:東京都文京区関口1-29-6,1F
 https://goo.gl/maps/FZs9cm4ukJM2

【参加費】
 1000円

【定員】
 20名

【申し込み】
下記Facebookイベントページで参加予定ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/306677900221741/

※マルチ商法、ネットワークビジネスをはじめそれに類するビジネスの勧誘行為はご遠慮ください。発見した場合にはその場でご退出をお願いすることもございます。

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。