【茨城県鉾田市】高校生によるシティプロモーションプロジェクト|第2回授業レポート

高校生による
シティプロモーションプロジェクト始動!

茨城県鉾田市の鉾田第二高校の2年生19名と首都圏の大学生10名がコラボレーションしてシティプロモーションに挑戦します。学生たちが鉾田市でフィールドワークを行い、地域住民の方への取材を通して、課題を含めた鉾田市の可能性を来年1月25日に3×3 Lab Futureで東京のビジネスマンへ向けてプレゼンテーションします。
今回は、谷津孝啓(ボノ株式会社)が講師となり、フィールドワークに向けた第2回事前授業の様子をレポートします。
 

これからやってくる世界
Society 5.0

まずはじめに、これからやってくる未来ということで「Society 5.0」の動画を生徒の皆さんに見てもらいました。はじめて見る近未来的な生活に、驚きの様子。動画を見る目も真剣です。前回学んだ高齢化社会への取り組みのひとつのとして、こんな可能性があり、今回のまちづくりと実は密接な関係があるという事を伝えました。


▲谷津 孝啓
ボノ株式会社 取締役COO
1983年宮城県仙台市生まれ。コミュニティデザイナー。
2014年に東京都文京区にコミュニティスペース我楽田工房を立ち上げ、都市と農村を繋ぎ新たな価値を生み出す活動を開始。人口減少・高齢化社会の課題解決をテーマとした企業研修プログラム「Society5.0プログラム」を開発、メイン講師を務める。京都三大学教育教養研究・推進機構研修アドバイザー。
 

まちづくりと
住民インタビューの関係

次回のフィールドワークでは地域の方への取材を行います。「なぜまちづくりをする為に地域の人たちに話を聞くことが必要なのか?」という問いにグループでディスカッションしてもらいました。グループごとに意見をシェアしてもらうと、「人の意見を聞かないと反論させるから」「若者と大人との対話」「鉾田に住んでいる人にしかわからないことを聞く」「鉾田のいいところが聞ける」などのさまざまな意見が上がりました。この問いはとても難しかったようですが、まちに住む全ての人たちが関わらないと本当のまちづくりは出来ないという事を考えられました。
 

地域の方とのクロストーク

去年のフィールドワークで取材にご協力いただいた坂口弦太さんをお招きして、実際に取材を受けた時のことを伺いました。取材への不安を抱いている学生も多く、坂口さんの言葉に生徒の皆さんも興味津々の様子。
 

▲坂口 弦太さん
1982年東京都葛飾区生まれ、小学校低学年の頃に父親の出身地である鉾田に家族全員で引っ越す。父親のはじめた「うまごや」を継ぐために、高校卒業後一旦は東京にてイタリアンやフレンチを学ぶ。21歳には鉾田に戻り「うまごや」で働き始め今では店主として店を切り盛りする。 和食から洋食まで、なんでもある居酒屋をコンセプトとした店は常に盛況である。
 
 
坂口さんからは、受け入れる前の高校生のイメージや、実際に受けてみての感想などを伺いました。取材時に高校生から「こんなことをやってほしい」「こんなこと出来ないですか?」などの意見を聞いた時、とても新鮮で勉強になったとのこと。まちづくりコンテストというイベントでは、高校生が取材を通してつくった企画を聞いた時、もっと地域の大人が頑張らなくてはと感じたそうです。また、まちづくりコンテスト後に高校生とコラボした商品販売も行なったそうで、今後は商品開発も一緒にやってみたいと、取材後の高校生との展開も話してくれました。
 
 
このクロストークをきっかけに、高校生の意見が大人を動かすことがあること、高校生の意見がまちづくりに大事なこと、ここで生まれた交流の先に新しいチャレンジが待っているという事が生徒の皆さんに伝わったようです。

最後に坂口さんから高校生に、「高校生の意見は本当に新鮮だ。鉾田を盛り上げる為にも、自分が出来ないと思っても、どんどん意見をいってほしい。」とエールをもらいました。実際の地域の方からの声は、生徒たちにはとても印象に残ったようで、次回のフィールドワークへの心構えが少し出来たようです。
 
最後に取材候補地を紹介して、授業は終了。
次回はいよいよ大学生とのフィールドワークです!

シティプロモーションについて

日程:2020年1月25日
場所:3×3 Lab Future
https://www.33lab-future.jp/index.html
詳細が決まり次第お知らせします

このプロジェクトに関する記事はこちら

第1回授業 http://garakuta.tokyo/15396
第2回授業 http://garakuta.tokyo/15700
取材フィールドワーク http://garakuta.tokyo/15729

お問い合わせ

このプロジェクトについてのお問合せはお気軽にご連絡ください。

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。