日本の“まち”と若者の冒険プロジェクト、始まります!

こんにちは、広報担当・澤です。
今日はみなさんにビッグニュース!特に学生・若者のみなさんはご注目。

これまで、地域と地域、人と人をつなぐことをテーマに、少しずつながらも様々な活動を重ね、試行錯誤してきた我楽田工房。

ここでついに、「地域体験」をテーマにした1つの大きなプロジェクトを立ち上げることとなりました。
その名も「日本の“まち”と若者の冒険プロジェクト」。
早速その内容に迫っていきましょう!


どんなプロジェクトなの?

772b2c6b18389755849f4ab86c075df7

ざっくりいってしまうと、
若者が、普段過ごしているところとは別の地域コミュニティの暮らし、文化に触れてみる。
そしてそこで体験したことをみんなに伝えよう!というもの。
その一連の活動を始めるきっかけを私たちが提供します。
なんだかよくわからん!でも面白そうって思った方に、今から詳しく説明しますね。


なぜ今、「地域×若者」?

◆地域を取り巻く課題
「人口減少」・「過疎高齢化」と言われつつも、どうにかこうにか、しぶとさをもって生き残ってきた日本の(特に地方の)地域社会。

55dd0687603d4f48d2554ece4ed9a21e

しかし、人口の「東京一極集中」が進み、その中で都市部生まれ都市部育ち、特に東京生まれ東京育ちの人が増えてきていると言われています。
じゃあ地域の将来や担い手はどうなるのだろう…?
どんな地域も、ここまで続いてきた地域社会を、次世代につないでいくことに課題意識を持ち始めているのです。
澤がこの辺を語りだしたらとまらないのでちょーざっくり収めます!笑

◆明るい兆しを生かそう!
一方で、明るい兆しも。
これまで、特に戦後の社会の中でネガティブに捉えられてきたり見落とされたりしてきた、「田舎」の暮らしや、ちょっとわずらわしい濃ゆい人間関係などなど…
そういった今までの「地域を成り立たせてきたもの」をポジティブに捉えたり、見直したりといった動きが出始めています。

968b0a1789c12fce8d614677b52b7054

これが、地域づくりに関わる人の周りでは「田園回帰」と呼ばれている動き。
本屋さんとかTVとか、あるいはSNSとか友達の話しとかから、そういう“雰囲気”を感じたことはありませんか?
そして、自分の中にそんな芽が出始めているのを感じませんか?
その「田園回帰」の流れの中心を担いはじめているのが「若者」というわけです。

◆地域と関わる・地域がつながるきっかけづくり
でも、そんな地域を成り立たせてきた文化が、時代の変化とともに「わかりづらく」なっていたり、「受け入れづらく」なっていたりすることも確か。
例えば、言葉でロジカルに説明できない独特なルールがあったりとか。
あるあるー!ってうなずいてくれる方もいると思います。

118579661cecfa1b975fd6a025537fc0

都市部で暮らしてきた若者、あるいは周辺地域から出てきて都市部で暮らしている若者にとって、地域社会というものが見えにくくなっていたり、とっつきにくくなっていたりするのかも。
様々な地域が若者たちのチャレンジを待っているというのに…
そんな「ギャップ」がある状態はもったいない。双方が理解を深め合って、お互いにとって良い結果が生み出せないだろうか…?

37f932591e7367753e898e52cabaa83f

若者が気軽に地域に飛び込むきっかけをつくる→地域にいる人同士もつながる・地域資源の発見につながる

そんな、若者と地域両方の「一歩踏み出すきっかけづくり」のお手伝いができたら…!それが私たちの願いです。


具体的にどんなことをやるの?

◆こんな流れで進めていきます。
スクリーンショット 2015-08-07 16.33.59

1.首都圏でワークショップを行う
・地域について学ぶ。
・短期間(2〜3日程度)でできる地域でのチャレンジをわいわい考えてみる。
2.現地にて自分の考えた「冒険」を実行!
3.「冒険」体験を専門のWebページで紹介する
→Webページというツールが、継続的に地域に関われる場になるかも。

◆まずは地域の暮らしや文化に触れてみることから始めよう!
えっ、そんな短い期間でまちのために何かできるの?!
そう思った方もいるかもしれません。
でもまずは、自分のできそうなこと、やってみたいこと、得意なことから始めてみませんか?ここ重要!

164b5306aaa3494a56cf17ea161e6b70

一口に「地域」と言っても、市町村単位、地区単位、集落単位で異なる背景があります。

自分の知らない世界に飛び込んでみよう、異なる文化や暮らしに触れてみよう、
あるいは、新鮮な視点で見つめ直してみよう、
そこから始めれば良いのです。
この経験をきっかけに自分が、あるいは社会が変わる…かも?
「冒険」と名付けたのはそんな理由からです。


それってどんな人が参加するの?

地域にとびこんでみたい、地域のことを知りたい、まちづくりに関心がある、あるいは暮らしを見つめ直してみたい!でも…何から始めよう?
そんな学生さん、ようこそ!
出身地は問わず、主に都市部在住の方、特に首都圏在住の学生さんを想定しています。
(※学生=大学生・大学院生・短大生・高専生・専門学校生)
でも「都市」や「首都圏」と言ってもいろいろあるので、住んでいるところはまぁ、あんまり気にしなくてもいいかもしれません。笑


今回の舞台は京都府綾部市!

このプロジェクトの最初の舞台になったのが、京都府綾部市
京都府のほぼ中央に位置し、京都市から電車で北へ1時間のところにある自治体です。

79bd33aab6369b9ab63cdecbf533fd6f

聞いたことない…という方もいるかと思いますが、
長年の地域振興の取り組みや、空き家を活用した移住・定住促進で実績をあげている地域なんです。
ちなみに、ここで使っている写真は全部綾部市のもの。

→もっと詳しく知りたい方は、我楽田工房にて実施した綾部市ワークショップの様子もチェック!

今回は、そんな綾部市の地域振興への思いと、我楽田工房の思いがマッチしてコラボが実現しました。
市内でも対象地を絞って活動を行う予定です。

今後は各地にこの取り組みを広げて、良い循環が生まれないかと着々と準備しております。
参加方法は次を読んでくれーい♪


加わってみませんか!

さてさて、記念すべき第1弾・京都府綾部市を舞台にしたチャレンジについて紹介します。
ちょっと急なお知らせになってしまいましたが、この夏の冒険に加わってみませんか?

ivent20150825

「日本の“まち”と若者の冒険ワークショップ 〜京都・綾部のまち〜」
◯日時…2015年8月25日(火) 13:00〜19:00 ※休憩あり
◯場所…スクエア荏原(すくえあえばら)
◯アクセスはこちら
東急目黒線「武蔵小山駅」徒歩10分
東急池上線「戸越銀座駅」徒歩10分
◯対象…大学生・大学院生・短大生・高専生・専門学校生
9/8〜9の現地フィールドワークに参加できる方。
ワークショップのみの参加も可能です。
◯主催…Bono Inc./我楽田工房(http://garakuta.tokyo/)

お申し込みはこちら!
https://www.facebook.com/events/1459526604350344/

◯内容
1.若者が、今すぐできる可能性を考える
2.日本の”まち”、京都府綾部市を学ぶ
3.綾部市で、やってみたい「まち冒険」を作る

「現地フィールドワーク!」
ワークショップで考えた「冒険」の中からいくつか選抜し、学生10人程度で1泊2日の現地ツアーを行います。
自分なりの「冒険」を実現しよう!
実施日程…9月8日(火)〜9日(水) 1泊2日
交通費、宿泊費支給

観光体験を紹介するWebメディアで情報発信!
・ 現地での体験談
・ まちや出会った人の紹介
・ 撮影した写真
・ 率直な感想!
などなど…

それではっ、みんなのチャレンジを待っていますぞ!

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

自治体や公共施設に属する方は「行政の方へ」よりご相談ください。
企業のご担当者の方は「企業の方へ」よりご連絡ください。
「学生・一般の方へ」は、我楽田工房に興味がある個人の方や、組織に所属していても個人的に活動されている方向けの入口です。

ご自身がどこに該当するか判断が難しい場合は「学生・一般の方へ」よりお問い合わせください。