【新企画】”名無し”Bar〜バーをつくりながら つくったバーで飲む〜

我楽田工房Barづくりプロジェクト第2弾!

「新しい公共を考える」をテーマにした【我楽田工房Barづくりプロジェクト】の第2弾です。

第1弾では「ハナシBar」という名をつけて、面白い話をしたら1杯タダで飲める、という企画を行いました。
第2弾ではよりスイングを強めて、ふらりと訪れたお客さんたちでお酒の値段を決め、何を食べるかを考え、共に作っていく”名無し”Barをしたいと思います。

コンセプトは
バーをつくりながら つくったバーで飲む
です。

どんなイベントなのか具体的なイメージがわかないかと思うので簡単なイメージ台本を紹介します。

-Bar”名無し”でお酒の値段を決める時の台本-
お客A「この日本酒を飲みたいです」
バーテン「わかりました、値段をみなさんで話し合って決めてください」
お客A「いくらでもいいんですか?」
バーテン「何円でも構いません」
お客B「じゃあ無料で!」
バーテン「無料でも大丈夫です、ただあまりに無料が続くとこのBarが続けられなくなりますがいいですか?」
お客B「それでも構わない!」
お客A「それは困る…1000円だそう」
お客C「この酒に1000円は高いでしょう、この前別の店で飲んだ時は500円くらいだったから500円がいいのでは?」
…つづく…

こんな具合に、やって来たお客さん同士で「値段」や「何を食べるのか?」を決めていくBarです。
そのためBar”名無し”は何も決まっていないBarなのです。だから”名無し”です。みんなでBarの名前を決めてもいいのです。

ご興味がある方はぜひふらりとお越しください。

-店舗概要

イベント情報

Event Information

店舗概要

OPEN:6月15日 (水)
19:00 〜 22:30
※バーテンが眠たくなったら閉店が早まる可能性があります

場所

我楽田工房
〒112-0014 東京都文京区関口1丁目29−6
アクセス
Google Map

品揃え

日本酒を中心に20種類ほどございます

食べ物

基本はありませんので、持ち込み歓迎です。
持ち寄った食べ物はメニューとして、みんなで「何を対価として返すのか」を決めた上でいただきます。
ちなみに調理もできる設備はあります。

参加申し込み

ふらりと立ち寄って頂いても構いません。
参加ボタンを押しておいていただけると嬉しいです。

ライター

Writer

長広大

Latest Entries

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

さらに「くみぐま」事業では、クリエイター・企業・地域の商品PRや企業・地域のPR、イベント活⽤、
地域の職⼈や企業にちなんだ、新しいオリジナル商品の開発などに貢献しています。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。