修得せよ!みじん切り!全ては豊かな食事のために-がらくたごはん2食目-

こんにちは! 斎藤春馬です!
今日も先輩である長さんの自転車を乗り回して買い物に行ってきました!

この自転車にはそろそろカゴを取り付けて、社用車にしても良いのではないでしょうか。

やさいのお姉さんの本領発揮

img_6281

本日並べられた野菜たち。
全てを使うわけではありませんが、珍しい野菜ばかりです。

こんな野菜を使った本日のメニューは

●ヤーコンのシャキシャキバーグ
●金時草とヤコモダケの天ぷら
●金糸瓜ジャムのビスケット乗せ
●味噌汁

となっております。

すごく美味しそうなんですが、万が一この記事をお子さんが読んだ場合

「おかーさーん! ヤーコンのシャキシャキバーグが食べたいよぉ!」

と叫ぶはずです。
しかし、そうなるとお母さんはヤーコンを探しに行かねばならないのでは・・・

ご安心ください!

今回使う食材
ヤーコン
金時草
ヤコモダケ
全て代替できる野菜をレシピにて公開いたします!

それでは、お子さんに珍しい野菜をねだられる心配はなくなりました。
始めたいと思います!

みじん切りは得意・・・?

何を隠そう。私、みじん切りは得意なんです。

「ヤーコンを粗みじんで!」
「わかりました!」

といった感じで請け負ったものの、申し訳ありませんでした。

img_6286

得意というのは返上します・・・

私がヤーコンを一本みじん切りにしている間に、高本シェフは作業を3手4手進めていました・・・

次に渡された作業は

「大根をすりおろしてくださいね」
「おまかせください!」

img_6288

何を隠そう。
大根をおろすのも得意なんです。

あれ? 高本シェフ・・・、私の作業が・・・
いや、そんなことない。

私の可能性は無限大。

二人の鉄人

img_6295

さすがシェフ高本。
2つのフライパンを操り、華麗に料理を進めます。

私はというと……、味噌汁を作っていました。

img_6294
かたや料理の鉄人。

img_6296
かたやインスタントの鉄人。

具材とミソを入れてお湯をかけるのも料理です。

何がすごいって、私が味噌汁を8人分作る(お湯を入れる)間に、天ぷらとハンバーグをじゃんじゃか生産するシェフの腕前ですね。

ヤーコンバーグプレート完成!

またしてもお洒落なごはんができました。
今日はデザート付!

img_6317

六本木のカフェでランチドリンク付1500円の品ですね。これは

食生活が豊かになった我楽田工房。
野菜をふんだんに使っているから、栄養的には問題なさそうですが、皆の摂取カロリーが心配です。

運動は大切ですよ(ふくよかな腹をなでながら)

我楽田工房 大家族事件

しかしここで、我楽田史に残る大事件が発生・・・

img_6318

というのは、おかずの量を気にせずに食べてしまった人が若干名・・・
食欲の思うがまま食べてしまったため、食べられなかった人が出てしまったのです。

大家族になると起きる「ごはんあるある」ですが・・・

次からは気をつけましょうね!
誰がたくさん食べたかはご想像におまかせします!

img_6321

本日のレシピ

“高本絢子シェフ監修” 本日のレシピです!

*11/07 珍しいやさいのランチ

〈ヤーコンのシャキシャキバーグ〉
ヤーコンがない場合はレンコンで代用できます。

①豚ひき肉に卵、塩コショウ、片栗粉、大葉&ヤーコンの粗みじんを混ぜ合わせてハンバーグのタネをつくる
②①を丸めて、フライパンでこんがり・ふっくら焼く
③しょうゆ・酒・砂糖・みりんで合わせ調味料をつくって、②にジュワーと流し込んで絡めてソースにする
④大葉と大根おろしなんかで美味しそうに盛り付ける

〈金時草とヤコモダケとおやついもの天ぷら〉
大葉などで代用できます。

①金時草は洗って水けをとって、1~2枚の葉っぱに分解する
②ヤコモダケは皮をむいて5mmくらいに斜め切りする
③おやついもは蒸かして1cmくらいに輪切りにする
④冷水と薄力粉を1:1くらいで溶いて衣にして①②につけて、カラッと揚げる
⑤④の衣に溶いた卵とパルメザンチーズを加えて③につけて、カラッと揚げる
⑥塩をふって食べる

〈金糸瓜ジャムのビスケット乗せ〉

①金糸瓜を1cm幅くらいに切って10分ほどゆでて、繊維をほぐす
②①の繊維たちを鍋に入れ、①の半量のグラニュー糖を混ぜ合わせて10分ほど置く(金糸瓜から水分が出てきます)
③②にレモン汁、白ワインを加えて、コトコト煮詰める
④冷めたらビスケットにのっけて食べる

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

自治体や公共施設に属する方は「行政の方へ」よりご相談ください。
企業のご担当者の方は「企業の方へ」よりご連絡ください。
「学生・一般の方へ」は、我楽田工房に興味がある個人の方や、組織に所属していても個人的に活動されている方向けの入口です。

ご自身がどこに該当するか判断が難しい場合は「学生・一般の方へ」よりお問い合わせください。

関連記事