にぎやかな食卓祭便り ④にぎやかな食材たちは、どうやって集まってきたのか

我楽田工房には、様々な人々がやってくる。それがこの場所の日常だ。

一緒に打ち合わせをしたり、ご飯を作ったり、ワークショップをしたり、一見オフィスなんだかキッチンスタジオなんだかよくわからない場所だが、そんな場所だからこそ色んな人やストーリーが集まってくる。


また、あるときは地域に飛び出したりもする。
学生と一緒に地域で活躍する魅力的な人を探しに冒険したり、竹で屋台をつくるために職人さんに会いに行ったり、地域おこし協力隊のみなさんと勉強会を開いたり。

にぎやかな食卓祭にやってきた食材たちは、生産者さんの思いはもちろんのこと、出会ったたくさんの人たちとのストーリーがつまった食材たちなのである。
おいしい料理を食べたら思い出す、「味」「景色」「笑顔」「匂い」「気持ち」・・・

さっそくですが、にぎやかな食卓祭に協力してくれた地域と食材を紹介しましょう!
今回は9地域の市町村から食材が集まりました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

—————————————
北海道日高町:トマト農家佐々木さんの桃太郎のトマトピューレ
長野県:八幡屋礒五郎の春の信州七味、中川村のひまわりオイル
長野県南箕輪村:堀さかゑさんが生産しているアスパラ
茨城県行方市:〜NAMEGATA Beniyuka〜SWEET sweet the 行方産干し芋
千葉県栗源町:クリモトファーム産・5種の菜花、にんじん
島根県三瓶町:さんべ味噌
島根県海士町:本氣米、海士町産・岩牡蠣
香川県:手延べそうめん
愛媛県:とてつもなく甘いみかん
—————————————

日本各地から集まった食材たちが、色鮮やかで美味しいディナーに変身!
提供いただいた方の話や生産者さんの話をしながら食べるディナーは最高に美味しい!
誰かの顔を浮かべて料理を食べる時間ほど幸せな時間はありません。

【

にぎやかな食卓メニュー】
①サーモン・オニオンのケークサレ チーズ風味
②佐々木さんちのトマトで煮込んだミートボール
③ジェノベーゼ風テノベーゼ(手延べそうめん)
④さんべのみそ焼きチキン
⑤海士町の自然をほうふつさせる海士の岩ガキと本気米ピラフ
⑥栗原の5種の菜花と厚あげの煮びたし
⑦栗原の自慢のにんじんとかぼちゃのクリームグラタン
⑧南箕輪村のアスパラのチーズ焼き
⑨白川茶のやさしいバーチディダーマ&行方の干し芋デザート

にぎやかな食卓に集まってきた食材はすべてストーリーの詰まったすばらしい食材たちです。
全部のストーリーを紹介したいところですが、今回は白川町を例に紹介したいと思います。

岐阜県白川町の地域おこし協力隊・村上さんと出会ったのは、去年の11月に白川町に視察に行った時でした。
「世界遺産・白川郷のない白川町」
そんなキャッチフレーズが印象的な白川町は、人口8700人、山間部に位置し、およそ88%が森林で緑に囲まれた自然豊かなまちです。

ある日、村上さんから「東京に行くので我楽田工房に行ってもいいですか?」とお誘いがありました。
「じゃあ、ランチを食べてからミーティングでもしましょう!」と返す私。

そんなやりとりをきっかけに村上さんに我楽田工房で一緒にランチをつくってもらいました。

人は食事を共にすると話も弾むものです。そのあとのミーティングで話が盛り上がり、にぎやかな食卓祭で白川町の特産品である「白川茶」を紹介することになりました。

そんなきっかけから生まれたのが「白川茶のバーティディダーマ」です。
貴婦人の口づけという名前のイタリア菓子をアレンジした一品で、バーティディダーマを食べて白川町に何度も通ってもらえるようなきっかけになって欲しいという思いが込められたお菓子です。

このように生産者さん・地域で活動する人・料理をつくる人など様々な人の思いがこもった、
人と人とのつながりをきっかけに生まれる場所。
それが私たちが提供するにぎやかな食卓です。
あなたにとって、にぎやかな食卓とはどんな場所ですか?

にぎやかな食卓祭便り

研究員たちが、にぎやかな食卓祭便りを随時更新します!
おたのしみに!

所長挨拶/高本あやこ
みんなでつくるを実感した。にぎやかな食卓祭舞台裏/高木かおり
都会で味わう収穫体験カタルシス!/齋藤春馬
にぎやかな食材たちは、どうやって集まってきたのか/長広大
商品のストーリーを「見える化」する/谷津孝啓
⑥我楽田工房の結んだ縁が食卓につながった/横山貴敏
⑦ボノ次郎が見た!にぎやかな食卓祭/齋藤和輝

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

自治体や公共施設に属する方は「行政の方へ」よりご相談ください。
企業のご担当者の方は「企業の方へ」よりご連絡ください。
「学生・一般の方へ」は、我楽田工房に興味がある個人の方や、組織に所属していても個人的に活動されている方向けの入口です。

ご自身がどこに該当するか判断が難しい場合は「学生・一般の方へ」よりお問い合わせください。

関連記事