アートに始まり、アートに終わる年!我楽田工房の2017年を振り返ります!

早いもので2017年もあと少し。今年もいろいろなチャレンジをした1年でした。
2017年がどんな年だったのかを今回は写真とともに振り返っていこうと思います!

アートに始まり、アートに終わる1年!

アート作品づくりから2017年は始まりました!

2017年の我楽田工房は、図案師の古城里紗さんによるアート作品作りワークショップから始まりました!

我楽田工房に飾るアート作品をみんなの手で作ります。

我楽田工房に飾るアート作品をみんなの手で作ります。

スタンプをみんなで押して模様をつくっていきます。

スタンプをみんなで押して模様をつくっていきます。

初めて移住フェアに出展!ひっきりなしに人が訪れる人気ブースになりました!

毎年1月に開催されている、日本中の移住相談窓口が集まるJOIN主催のイベント『移住フェア』に我楽田工房も企業ブースで出展してきました。
おそろいの移住Tシャツを着て参加。

おそろいの移住Tシャツを着て参加。

誰でも簡単にインタビュー記事が作れるシステムの紹介をしていました。

誰でも簡単にインタビュー記事が作れるシステムの紹介をしていました。

京都府綾部市では初のコミュニティナース市民フォーラムを開催!

2017年度から3名のコミュニティナースを受け入れる綾部市では、2月に市民フォーラムを開催しました。
地元の方から市長まで、多くの方にお集まりいただきました。

地元の方から市長まで、多くの方にお集まりいただきました。

着任する3人が地域の方々にご挨拶する日でもありました。

着任する3人が地域の方々にご挨拶する日でもありました。

我楽田工房の代表の横山も、地域の方々にコミュニティナースとは何かを紹介しました。

我楽田工房の代表の横山も、地域の方々にコミュニティナースとは何かを紹介しました。

まち冒険は、フィールドワークを「まち冒険のタネ」と名づけ初の九州に上陸です!

3月には長崎県の五島列島のひとつ、久賀島にて約10名の学生とともにまち冒険のタネを開催しました。
島のご家庭に民泊して、まるでおじいちゃんおばあちゃんの家に帰ったような気持ちに。

島のご家庭に民泊して、まるでおじいちゃんおばあちゃんの家に帰ったような気持ちに。

島ぐらしを体験し、多くの刺激と感動と出会ってきました。

島ぐらしを体験し、多くの刺激と感動と出会ってきました。

コミュニティナースとして佐藤春香さんの旅立ちも

旅立ちの日の様子。扉の向こうにいるのが佐藤春香さんです。

旅立ちの日の様子。扉の向こうにいるのが佐藤春香さんです。

我楽田工房初の合宿を開催!

これまで、まち冒険のフィールドワークなどで全員が地域に旅立つことはありましたが、今年は初めて社員全員で合宿を行いました。

普段は学生たちがメインで交流しているところを、自分たちが主人公になって体験します。

普段は学生たちがメインで交流しているところを、自分たちが主人公になって体験します。

インプットだけでなく、アウトプットも。現場でさまざまなディスカッションもしてきました。

インプットだけでなく、アウトプットも。現場でさまざまなディスカッションもしてきました。

長野県では、上伊那広域連合と一緒に地域おこし協力隊の活動を加速するフォーラムを開催!

様々な活動をしてきた先輩地域おこし協力隊の方などを迎えて、若者が活躍する街をテーマにフォーラムを行いました。

様々な活動をしてきた先輩地域おこし協力隊の方などを迎えて、若者が活躍する街をテーマにフォーラムを行いました。

我楽田工房3周年企画として、地域のクリエイターを探す「だったら、走ればいいじゃん。プロジェクト」を実施!

長野県を舞台に、合計123kmを走り抜ける「だったら、走ればいいじゃん。プロジェクト」を実施。
折りたたみ自転車で8年かけて世界一周をした島田ヨシさんが、折りたたみ自転車でめぐりました!
世界一周と比べれば大変じゃなかったそうですが、それでも大変そうでした。

世界一周と比べれば大変じゃなかったそうですが、それでも大変そうでした。

イタリアで修行してきた自転車のフレームビルダーの安田マサテルさんとの対談や

イタリアで修行してきた自転車のフレームビルダーの安田マサテルさんとの対談や

地元の小学生向けに世界一周体験を紹介したり。

地元の小学生向けに世界一周体験を紹介したり。

地元の方々のジャンベ(太鼓の名前)の練習会に飛び入り参加したりと、多くの方と出会うことができた旅でした。

地元の方々のジャンベ(太鼓の名前)の練習会に飛び入り参加したりと、多くの方と出会うことができた旅でした。

自治体向け研修プログラムの提供を開始!

移住フェアで紹介した、街の人を紹介するシステムを使って研修プログラムを開発。
茨城県潮来市では、着任したばかりの地域おこし協力隊向けの研修を行いました。
新卒で着任したばかりの地域おこし協力隊に、計画の立て方から取材の仕方、写真のとり方など基礎から実践までトレーニングしました。

新卒で着任したばかりの地域おこし協力隊に、計画の立て方から取材の仕方、写真のとり方など基礎から実践までトレーニングしました。

新拠点誕生に向けて、老若男女が集まる見学会を開催しました!

写真の手前の扉が空いているところが新拠点、奥の白い建物が現在の我楽田工房です。

写真の手前の扉が空いているところが新拠点、奥の白い建物が現在の我楽田工房です。

床塗りあり、たこ焼きあり、わいわいがやがや楽しい見学会になりました。

床塗りあり、たこ焼きあり、わいわいがやがや楽しい見学会になりました。

研修プログラムを長野県筑北村にて実施!

地域おこし協力隊の着任後研修プログラムを実施しました!

座学でまずはしっかりと知識を入れます。

座学でまずはしっかりと知識を入れます。

実際に地域に出て、地域住民の方へのインタビューも行いました。

実際に地域に出て、地域住民の方へのインタビューも行いました。

最後は地域住民の方や自治体の職員の方向けに発表会を行いました。

最後は地域住民の方や自治体の職員の方向けに発表会を行いました。

京都府でもまち冒険のタネを実施!

京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都府立医科大学の京都三大学が連携した京都三大学教養教育共同化事業の中の「宿泊研修」の支援を行いました。
お茶で有名な京都府和束町で地域おこしに取り組む方々との交流をしてきました。

お茶で有名な京都府和束町で地域おこしに取り組む方々との交流をしてきました。

京都三大学教養教育共同化事業の詳細はこちら

11月には様々なゲストを呼ぶ我楽田夜話も第5回を迎えました

お祭りの研究家や現役のお医者さんを呼んで、斜め上の尖ったテーマで行なうトークイベントも今年は第5回開催しました。
年内最後のイベントは、サイレントフェスや量子力学フェスなど最先端のフェスを企画・運営している雨宮さんに来てもらいました。

年内最後のイベントは、サイレントフェスや量子力学フェスなど最先端のフェスを企画・運営している雨宮さんに来てもらいました。

千葉県館山市で移住希望者向けのインターンプログラムを実施!

移住の前のステップとして、地域の仕事を取材して、地域の暮らしをイメージするためのインターンプログラムを実施しました。
事前に取材の仕方のレクチャーを受け、インタビューをすることでリアルな生の声を聞くことができました。

事前に取材の仕方のレクチャーを受け、インタビューをすることでリアルな生の声を聞くことができました。

クリエイターの作品を発表する場をつくる「くみぐま事業」がTOKYOイチオシ応援事業に採択!

モノづくりをしている人だけでなく、コトづくりをしている人も含め、あらゆるクリエイターが自分の作品を発表できる場として新たに「くみぐま」を開発しました!
12月にはTOKYOイチオシ応援事業の採択され、来年2018年の春にお披露目予定です!
こちらは紙で作った試作品の写真。

こちらは紙で作った試作品の写真。

さまざまなクリエイターの作品を好きにコラボできるぬいぐるみ「くみぐま」はまさにアート作品!

さまざまなクリエイターの作品を好きにコラボできるぬいぐるみ「くみぐま」はまさにアート作品!

2018年もよろしくお願いします!

今年は図案師の古城さんのアート作品作りから始まり、さまざまなクリエイターがコラボするアートプロジェクトの発表で終わる、まさにアートで始まりアートで終わる1年でした。
同時に、全国各地のさまざまな方に支えられ多くの挑戦ができた年でした。
ここには書ききれないくらいいろいろな方に出会ったり、挑戦をしてきました。
来年は、この挑戦を糧に世の中をより楽しく、面白くできるような仕掛け作りをしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

自治体や地域団体に属する方は「行政の方へ」よりご相談ください。
企業のご担当者の方は「企業の方へ」よりご連絡ください。
「一般の方へ」は、我楽田工房に興味がある個人・学生の方や、組織に所属していても個人的に活動されている方向けの入口です。

ご自身がどこに該当するか判断が難しい場合は「一般の方へ」よりお問い合わせください。