コミュニティナース育成プロジェクト

[no_toc]
“地域とつながる”]

地域で活躍できる医療人材(コミュニティナース)の育成
我楽田工房が運営するプロジェクトとしてコミュニティナース育成プロジェクトがあります。

“コミュニティナースとは”]
地域を拠点に住民との関係性を深めながら活動をする医療人材(コミュニティナース)の育成と、活動する地域への受け入れる環境づくり、そして、地域の住民と一緒にコミュニティナースが活動する看護師の新しい事業モデルの構築を目指しています。

看護師が日常的に地域に参画していくことで、地域が抱える少子高齢化や地域医療・介護の問題の解決や地域コミュニティの新しい担い手として、また、病院以外で働く新しいワークスタイルとして期待されています。

コミュニティナース育成プロジェクト

“我楽田工房の試み”]
地域とつながるナース

地域での関わり合いが希薄になり、高齢化が進み、独り身の方が増えてきている昨今。
だからこそ今、地域とつながり、人と社会の健康を守るコミュニティナースが必要だと考えます。

ヘルスケアとハピネス

健康な状態というのは「肉体」「精神」そして「社会的」な健康によって成り立ちます。(WHO憲章前文から)
その社会的健康と呼ばれるジャンルからアプローチして、ハピネスを届けるのがコミュニティナースです。

安心と幸福を地域に

地域住民の不安を安心に変えて、日々を幸せにするのがコミュニティナースのミッションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です