【茨城県鉾田市】高校生によるシティプロモーションプロジェクト|まちづくりコンテスト

高校生による
シティプロモーションプロジェクト始動!

茨城県鉾田市の鉾田第二高校の2年生19名と首都圏の大学生10名がコラボレーションしてシティプロモーションに挑戦します。学生たちが鉾田市でフィールドワークを行い、地域住民の方への取材を通して、課題を含めた鉾田市の可能性を来年1月25日に3×3 Lab Futureで東京のビジネスマンへ向けてプレゼンテーションします。
今回は、谷津孝啓(ボノ株式会社)が講師となり、地域での企画づくりとその企画を発表する「まちづくりコンテスト」の様子をレポートします。
 

高校生が鉾田市で
やってみたい企画をつくる

高校生がつくった企画を発表する「まちづくりコンテスト」の前日、大学生も参加して、各チームの企画づくりの追い込み授業を行いました。まずは、高校生だけでまとめた企画内容を各チームごとに発表し、それに対して大学生からフィードバックをします。中には、高校生自らが先生に協力してもらい、高校生66人にアンケートを行ってとったデータを活用するチームも。そんな高校生の行動力に大学生も感動していました。大学生からのフィードバックでは、「もっと高校生の意見が入っていた方がいい。」「なぜこの企画を高校生がやるのか?」など、各チームごとに的確なアドバイスをしてくれました。
 

集中しているとあっという間に時間は過ぎていきます。企画の動機づけの部分では、「自分は農家の息子だからこそ、こんなメリットやデメリットを感じている。だからこそ鉾田の農業をこんなふうに変えていきたい。」など、自分の原体験を言語化していくことで企画がより具体的に説得力を増していきました。ある程度企画が固まってくると、類似の事例や裏付けのデータ集めなど、企画の精度をあげる作業に入ってきました。あるチームでは、一緒に企画に取り組みたい地域の方に、高校生から相談の連絡をとり具体化していくなど、高校生のフットワークの軽さや率直さに圧倒される場面もありました。
 

▲谷津 孝啓
ボノ株式会社 取締役COO
1983年宮城県仙台市生まれ。コミュニティデザイナー。
2014年に東京都文京区にコミュニティスペース我楽田工房を立ち上げ、都市と農村を繋ぎ新たな価値を生み出す活動を開始。人口減少・高齢化社会の課題解決をテーマとした企業研修プログラム「Society5.0プログラム」を開発、メイン講師を務める。京都三大学教育教養研究・推進機構研修アドバイザー。
 

高校生が語る鉾田の未来

いよいよ「まちづくりコンテスト」当日。大勢の人を前に、各チームの緊張も高まります。本番ギリギリまで練り上げた企画を、各チームのメンバーひとりひとりが発表する姿は、とても凛々しいものでした。そんな高校生たちの発表に、鉾田市の方々からは思わず笑みが浮かぶ場面もあり、「この企画だったらこんな人たちが一緒に活動できるかもしれない」「こんな場所やイベントがあるからぜひ見てみて欲しい」などのご意見や「この部分については具体的にどう考えているのか?」などの鋭い質問までたくさんのコメントをいただきました。また、実際に会場に来ていただいたキーマンの方に、その場で「ぜひ一緒に活動してください!」と高校生が直談判する場面もあり、発表会後も今後の展開について盛り上がっていました。
 



このプログラムを振り返って

振り返りでは、高校生たちからこんなコメントをもらいました。
 
「プログラムの最初の頃は、鉾田市外に住んでいて、なぜ自分が鉾田のことをやらないといけないの?と思っていたけれど、取材を通して鉾田の大人たちの活き活きとした姿に触れたことで自分自身のスイッチが入って、本気で頑張りたいと思って今日まで取り組んできました。」

「プログラムが始まった頃は、鉾田には何もないと思っていたけれど、取材フィールドワークをすると、東京のようにキラキラはしていないけれど、鉾田には魅力的な場所があったり面白いキーマンが多く存在することがわかった。私たちが知らなかっただけで実は魅力的なんだと感じた。」

地域活性化という概念を高校生たちは自分たちの視点でしっかりと捉えており、活動に参加できる機会さえつくれば、地域で活動する若者は増えていく。そんな可能性を感じた1日でした。

1月25日は、東京大手町でのシティプロモーションイベント!!
お時間ある方は是非お越しください。

シティプロモーションについて

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/2200128100291802/
 
Peatixページ
https://citypromotion.peatix.com/view
 

このプロジェクトに関する記事はこちら

第1回授業 http://garakuta.tokyo/15396
第2回授業 http://garakuta.tokyo/15700
取材フィールドワーク http://garakuta.tokyo/15729
第3回授業 http://garakuta.tokyo/?p=15935&preview=true
まちづくりコンテストhttp://garakuta.tokyo/16088
シティプロモーションhttp://garakuta.tokyo/16202

お問い合わせ

このプロジェクトについてのお問合せはお気軽にご連絡ください。

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。