【大学生の地域入門_01】地域で関わりたい?東京から地域に関わりたい?

こんにちは。深夜に一人雪合戦してました青山です。
インターン生の大学5年生。餃子が給料です。太りました。
太りすぎでズボンの尻が真っ二つに裂けたのはここだけの秘密です。

大学生の地域入門_01

地域で関わりたい?東京から地域に関わりたい?

「地域に興味があります!」という大学生さんにお会いすることがよくある今日この頃。
正直、興味はあっても地域の関わり方ってよく見えてきません。
そこで我楽田工房に来ている学生のみんなに地域にどうやって関わっているのか聞いてみました。

①地域系のサークル・学生団体に入会する
②大学の地域系の講義を受講する。もしくは社会連携推進室・地域交流センターなどの活動に参加する。
③地域系インターンに参加する。(NPO法人ETIC.の地域ベンチャー留学 など)
④地域交流を扱うWebサイト、雑誌などメディアからイベントを探す(JOINニッポン移住・交流ナビ ソトコトTURNSなど)
⑤近所のおじちゃんおばちゃんと世間話をしてみる

そして今回ご紹介したいのが、
「まち冒険プロジェクト」に参加する
という方法!

若者と地域をつなぐことをコンセプトにしたこちらのプロジェクトでは、
若者が地域に関わるきっかけをつくるワークショップや現地フィールドワーク、大学生による地域での取材活動などを企画、実施しています。

まずはイベントに参加してみませんか?↓
https://machibouken.com/about/event

◯2月1日 まち冒険ワークショップ〜京都府南丹市〜
https://www.facebook.com/events/930970946979225/

◯3月1日 まち冒険ワークショップ〜長野県塩尻市〜
https://www.facebook.com/events/437417626453779/

僕としてはやはり大学系の①と②が安心。周りも大学生ならすぐにワイワイできそうですもんね。
サークルはトーキョーサークル図鑑のようなサイトやフェイスブック・ツイッターなどで見つけられます。
一方で③④⑤は地域からの視点をより現実的に学ぶことができる方法。
就活の自己PRなどではより説得力が増しそうですね!\(^o^)/

毎週土曜日には「まち冒険」に参加したことのあるor地域に興味のある学生さんが集まってコーヒーを飲んだり遊んだりしています。
もしよろしければ一度早稲田にある我楽田工房へ
おでんせ( ´ ▽ ` )ノ

ライター

Writer

青山侑生

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

さらに「くみぐま」事業では、クリエイター・企業・地域の商品PRや企業・地域のPR、イベント活⽤、
地域の職⼈や企業にちなんだ、新しいオリジナル商品の開発などに貢献しています。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。