カードを使って楽しくまちづくりを考えよう! 文京区編|まちづくりを考えるワークツール「ローカルダイアログ」 を体験してみよう

“どんなイベント?”
\文京区のまちづくりを考えよう/

カードゲームで遊ぶように、オンラインで楽しくまちづくりを考える「ローカルダイアログ」を使って、自分たちの地域の現状やこれからのまちづくりについて考えるイベントを開催します。ツールを使ってゲーム感覚で参加者とワイワイ話しながら進めていくイベントなので、お気軽にご参加ください!

▼ 背景
コロナショックにより、目まぐるしく変化する私たちの生活のなかで、自分たちが住みたいまち、暮らしたいまちの姿を考える必要性が高まっています。自宅にいながら、もっと気軽にまちや生活について話せる場があればと企画しました。

ローカルダイアログ とは?
ローカルダイアログは、自分たちの地域の現状を自分ごととして捉え、ダイアログカードを用いて対話をしながらまちづくりを考えるワークツールです。住民目線のまちの現状をデータによって可視化することができ、オンライン会議システム『Zoom』などを使うことで、参加するメンバー同士が遠隔でもワークショップをすることが可能です。対話しながらゲームをするように進めることができるので、子どもから大人まで多様な世代がまちづくりに参加できます。

ローカルダイアログHP: http://ld.garakuta.tokyo/

“イベント詳細”
日時
2020年5月16日(土)
14:00-16:00

申込先
Peatixからお申し込みください。
https://peatix.com/event/1475828/

人数
30人まで

参加費
基本、無料ですが
アンケートにご協力お願いします

参加方法
(1)Peatixからお申込み下さい。
https://peatix.com/event/1475828/
※Facebookだけでは申込みになりません!
(2)事前にPCやスマホに「Zoom」をインストール
(3)イベント前日(5/15)までに、Zoomのログイン情報をメールで送付します。
(4)開始5分前からメールに記載のミーティングルームURLをクリックすると始まります。

※本人確認のため、ログイン時は申込時の名前、又は、ニックネームでお願いします。
参加方法
(1)事前にPCやスマホに「Zoom」をインストール
(2)開始5分前から下記ミーティングルームURLをクリックすると始まります。

注意事項
Zoomの様子を撮影した画像、映像をSNSなどで使用させていただきます。
お顔が映ることもございますのであらかじめご了承ください。
トーク中、雑音などが入る場合はマイクを消音させていただくことがあります。

主催/協力
東京山の上大学(http://yamanoue.tokyo/
我楽田工房(https://garakuta.tokyo

“市民大学”
東京山の上大学とは?
東京山の上大学は、東京・山の手線の上半分、多くの市民と産業、歴史と文化が集まるこの街をキャンパスにする、市民が主体的になって運営する「市民大学」です。社会人でも何かを学び、新しいモノコトをはじめるきっかけの場を作りたいという思いから、東京で様々なまちづくり活動に携わる団体の代表が集まり、社会活動の一環としてはじまりました。
市民大学とは、いわゆる一般的な大学と違い、市民や企業、商店が主役となり、それぞれがテーマを持ち寄り、学び合う場として、全国各地で開校されています。
コロナショックの今、オンライン上で街に貢献できる学び合いの場づくりを目指しています。