【茨城県鉾田市】高校生によるシティプロモーションプロジェクト|取材フィールドワークレポート

高校生による
シティプロモーションプロジェクト始動!

茨城県鉾田市の鉾田第二高校の2年生19名と首都圏の大学生10名がコラボレーションしてシティプロモーションに挑戦します。学生たちが鉾田市でフィールドワークを行い、地域住民の方への取材を通して、課題を含めた鉾田市の可能性を来年1月25日に3×3 Lab Futureで東京のビジネスマンへ向けてプレゼンテーションします。
今回は、谷津孝啓(ボノ株式会社)が講師となり、大学生と高校生が鉾田市の地域の方へ取材を行なったフィールドワークの様子をレポートします。
 

取材の目的と自分ゴト化


首都圏の大学生と高校生は今回が初対面。まずは大学生からそれぞれ自己紹介してもらい、大学生と高校生混合のチームに分かれてワークをはじめます。はじめのワークは、取材と雑談の違いについてグループでディスカッションしながら、取材には目的が大切だということを学びます。
  
今回の取材目的は、鉾田市でのまちづくりコンテストや東京でのシティープロモーションへ向けた企画づくりのための情報集めなど、高校生・大学生どちらもはっきりとした大きな目標があります。しかし、一番大切なのはこの取材フィールドワークを「自分ゴト化」すること。そのためには個人的なそれぞれの目標設定が大切です。そこで、グループごとに自分たちが達成したい目標を設定してもらいました。すると「地域の人の話を聞いて自分の進路に役立てたい」「人と話すことが苦手なので1人1つは質問する」など、それぞれの目標が上がってきました。

この目標を胸に、次の時間はいよいよ取材フィールドワークです。
 

▲谷津 孝啓
ボノ株式会社 取締役COO
1983年宮城県仙台市生まれ。コミュニティデザイナー。
2014年に東京都文京区にコミュニティスペース我楽田工房を立ち上げ、都市と農村を繋ぎ新たな価値を生み出す活動を開始。人口減少・高齢化社会の課題解決をテーマとした企業研修プログラム「Society5.0プログラム」を開発、メイン講師を務める。京都三大学教育教養研究・推進機構研修アドバイザー。
 

取材フィールドワーク

4つのチームに分かれて、1チーム3箇所の取材先へ取材しました。取材先は、職種や場所もそれぞれ異なり、学生の皆さんも興味津々の様子。はじめは、大学生がリードして取材を行ない、1つ質問するのがやっとだった高校生でしたが、時間が経つにつれて発言の回数も増え、高校生の新鮮な意見に地域の方が賑わう場面もありました。
 

取材から帰ってくると、取材先で食べたトマトの美味しさを他のチームに伝えたり、取材での出来事で教室が大盛り上がり。地域の方々の熱い想いは、学生たちにも十分に伝わったようでした。また、高校生にとって大学生の存在はとても大きかったようで、高校生から「質問に困った時アドバイスをくれた。」「行動力がすごい。」などの声がありました。
 

取材から見える地域の資本

取材内容から、地域における6つの資本を上げていくワークショップを行いました。ポストイットに1つずつ書き込まれた資本はどんどん模造紙を埋め尽くしていきます。この頃になると、大学生と高校生のコミュニケーションも密になり、高校生からも「鉾田のあの場所にはこんなものがある」などと積極的な意見が飛び交うようになってきました。
 

資本が出揃ってきたら、まちづくりコンテストへ向けての企画づくりを行います。
市役所の方から、鉾田市にある廃校についてお話していただく場面もあり、それらの活用なども含めながら企画のアイディアを練っていきました。地域の方から実際に聞いて触れた情報や熱い想いに、「この人とこんなことをここで出来たら面白いんじゃないか」「こんなに想いを持ってつくっているものをもっと広めたい」など、学生達から出てくる意見もヒートアップ。地域の資本と照らし合わせながら、企画づくりに頭を悩ませます。ワークの時間を目一杯使って、まとめた企画イメージをグループごとにシェアして、取材フィールドワークを終了しました。
 
 
今回の取材フィールドワークで、高校生も大学生も互いに刺激を受け合いながら、鉾田市の地域の皆さんとふれあい、成長を感じられた2日間でした。
次回は、まちづくりコンテストへ向けての企画づくりです。

シティプロモーションについて

日程:2020年1月25日
場所:3×3 Lab Future
https://www.33lab-future.jp/index.html
詳細が決まり次第お知らせします

このプロジェクトに関する記事はこちら

第1回授業 http://garakuta.tokyo/15396
第2回授業 http://garakuta.tokyo/15700
取材フィールドワーク http://garakuta.tokyo/15729

お問い合わせ

このプロジェクトについてのお問合せはお気軽にご連絡ください。

我楽田工房には
いろいろな関わり方があります

我楽田工房は、人と地域を繋ぎ、みんなでカタチをつくる場です。誰でも参加できる”楽しい!”イベントを定期的に開催しています。
また、「我楽田長屋」「我楽田工房ギャラリー」の2つの建物はコワーキングスペース、オフィス、イベント、展示会などで利用することもできます。

我楽田工房の取り組みに、ご興味・ご関心をもたれた方は、下の入り口からお問い合わせください。
レンタルスペースの利用をご希望される場合は、「一般の方へ」よりお問い合わせください。